邪馬台国東四国説(阿讃播の東瀬戸内説) 2015年09月

邪馬台国東四国説(阿讃播の東瀬戸内説)


四国霊場開創から1200年,阿波と四国の完全封印は解けるのか?

大麻比古神社の丸山

卑弥呼=天照大神の墳墓の候補地は,大麻比古神社の丸山です.

この墳墓については,情報が少なすぎます.
考古学的な調査が待たれるところですが,なぜかこの墳墓の重要性は知られていません.
従来の阿波説では,卑弥呼の墓の候補として気延山の八倉比売神社の古墳をよく取り上げますが,
規模が違いますし築造年代も卑弥呼の時代からかなり遅れるようです.

重要視されない理由ですが,吉野川の北岸と南岸で様々な対立があり,県庁所在地があって
人口の多い南岸の人々が吉野川北岸を大事にしていないためでしょう.
さらに,鳴門市が財政的に厳しく調査が進まない,郷土史家が少ないという理由もあります.

maruya2.jpg

他にも色々と事情はあるようですが,邪馬台国四国説の話を進めます.

天つ国という神代記の舞台が大麻山にあったことを記紀の詳細な記述から
確認してみましょう.


邪馬台国四国説
  1. 阿波の完全封印を解く
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

yamatai4

Author:yamatai4

検索フォーム

QRコード

QR

« 2015 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -