邪馬台国東四国説(阿讃播の東瀬戸内説) 記紀の実年代の推測(東遷説)

邪馬台国東四国説(阿讃播の東瀬戸内説)


四国霊場開創から1200年,阿波と四国の完全封印は解けるのか?

記紀の実年代の推測(東遷説)

古事記・日本書紀の記述には,多くの疑問点・矛盾点があります

紀元前に活躍したはずのイザナギが,鏡を祭器として使用しており,鏡の鋳造についての記述もある.
東遷した神武天皇の前に,すでに先祖のニギハヤヒが降臨していた.
崇神天皇と神武天皇は,いずれもハツクニシラススメラミコト(初めて天下を治めた天皇)と呼ばれている.
神武天皇の後の8代の天皇の事績が記されていないという「欠史八代」がある.

これらの疑問に一気に答えるために,記紀の実年代を推測します.
なお,他地域からの東遷説でも同様の表を作成できることをまず断っておきたいと思います.
東四国説の場合は,鏡が最初に使用された時期は2世紀末~3世紀初めです.
そして,一世代間を25-30年とすると以下のような表を作成できます.

keizuy.png

東遷は記紀にある通り2回(ニギハヤヒ=崇神,神武=応神)あり,飛鳥時代に大和王権が中央集権のために唯一の天皇を主張したと考えています.二つの地域の同時代の歴史を繋げたために,記紀は多くの疑問点や矛盾点を抱えることになってしまったのでしょう.

邪馬台国四国説
スポンサーサイト
  1. 阿波の完全封印を解く
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

yamatai4

Author:yamatai4

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30