邪馬台国東四国説(阿讃播の東瀬戸内説) 記紀の神代記の地名

邪馬台国東四国説(阿讃播の東瀬戸内説)


四国霊場開創から1200年,阿波と四国の完全封印は解けるのか?

記紀の神代記の地名

記紀の神代記に現れる地名
伊勢,出雲,伯伎,日向,諏訪,淡海,高志

これらは,三重,島根,鳥取,宮崎,長野,滋賀,北陸といった地域だと思われています.
その通りに解釈するならば,記紀の神代について現実的に考察するのは無駄なことでしょう.
神代記に描かれている婚姻,闘争,埋葬をこれほどの広域でその当時人間が実行することは,不可能だからです.

神代記なのだから当然だと思われるかもしれません.
確かに,記紀の編纂者たちは神代記が文字通り神話となるよう編纂しました.
ここで考えたいのは,どのような話をもとに神代記が書かれたかということです.

歴史書が編纂されるのには目的があります.

祖先から自身に至る歴史を示して自身の正統性を主張する,ということです.
そうであるならば,どうしても祖先からの系譜を書く必要があります.
しかし,そのまま書くことは必ずしも得策ではありません.
統一国家の礎となる歴史書にはふさわしくないのです.

飛鳥時代から奈良時代にかけて,日本は中央集権国家への道を歩みました.
そのためには,統一国家の礎となる正史が必要だったのです.
中国の歴史よりも長く,日本全体を舞台とした壮大な神話が求められたのでしょう.
おそらくこうした理由で祖先の歴史の一部は書き換えられてしまったのでしょう.

しかし,地名については読み替えに留まったため,本来の場所を特定できるのです.
さらに,その当時の地形も記紀の記述と一致することが確かめられます.

神代記は,ある高貴な一族の開拓精神旺盛な祖先の物語です.

oasayama2014.jpg
(霊山寺から大麻山を望む)

邪馬台国四国説
スポンサーサイト
  1. 阿波の完全封印を解く
  2. / trackback:1
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術



 管理者にだけ表示を許可する
 

邪馬台国 四国説

  1. 2014/09/23(火) 05:00:22 |
  2. 邪馬台国 下関
http://yamatai4.blog.fc2.com/blog-entry-116.html 「記紀の神代記に現れる地名 伊勢,出雲,伯伎,日向,諏訪,淡海,高志

プロフィール

yamatai4

Author:yamatai4

検索フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -